MENU
BASARA

BASARA ばさら

小学生からOK

著者
田村 由美
出版社
小学館
発刊状況
完結

「最善を尽くす」とはどういうことか

文明が滅んだ日本で「運命の子」となった少女の運命は

推薦コメント

「正しい戦争」ってあるのだろうか?国王の暴虐に苦しむ市民を圧政から解放する――確かに正しい。だが、相手の兵士にも家族がいて、犠牲になる人々がいる。舞台は文明が滅んだ数百年後の日本。「運命の子」とされた双子の兄に代わって「タタラ」として人々を率いる少女・更紗は悩む。その彼女に、死んだ母の幻が答えた言葉とは――?「沖縄」戦の裏にあった密約とは――?「考えるべきはするかしないかじゃない。すると決めたことをいかにして成すかそれのみだ。それでこそ犠牲も少なくなる。常に自分に問え、迷いはないか最善を尽くしたか。」心に刻まれる名言が満載のこの作品は、きっとあなたの座右の書になるでしょう。私たちに、真の意味の「政治」的決断と、「最善を尽くして生きること」を考えさせてくれる作品です。

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「4 社会」カテゴリ