MENU
8生活
話し足りないことはない?―対人不安が和らぐグループセラピー

話し足りないことはない?―対人不安が和らぐグループセラピー はなしたりないことはない

小学生から OK

著者
アンナ・フィスケ(著),枇谷玲子(訳)
出版社
晶文社
発刊状況
完結
電子書籍化

語り合うことでコミュニケーションのもつれがほどける

対人恐怖症(対人不安)のグループセラピーを描く北欧発のマンガ

推薦コメント

本書の登場人物は軽度の対人恐怖症(対人不安)を患う6人の男女。彼らは週に一度集まり、セラピストを囲んでグループセラピーを受けている。対人恐怖症のグループセラピーというと、他人事のように感じられてしまうかもしれないが、彼らが悩んでいるのは、母親との関係や妻との関係や会社での孤立など、私たちが日常の中で直面しがちなコミュニケーションの難しさに他ならない。物語はグループセラピーの様子を描き、続いて6人のひとりひとりに焦点を当てていき、彼らが抱える問題を明らかにしていく。本書は日本ではまだあまりなじみがない北欧はノルウェーのマンガ。全96ページの非常に薄い本で、各話も短いため、日本のマンガに慣れた読者が読むと、肩透かしを食らったような印象を受けるかもしれない。しかし、派手な演出のないその淡々とした語り口には、よくできたドラマとは異なるリアリティがある。

原 正人(翻訳家)

原 正人
Masato Hara

翻訳家

1974年、静岡県生まれ。フランス語圏のマンガ“バンド・デシネ”を中心に世界のマンガに幅広く興味を持つ。フレデリック・ペータース『青い薬』(青土社)、トニー・ヴァレント『ラディアン』(飛鳥新社)、ジャン・レニョ&エミール・ブラヴォ『ぼくのママはアメリカにいるんだ』(本の雑誌社)、バスティアン・ヴィヴェス『年上のひと』(リイド社)など訳書多数。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。サウザンコミックス編集主幹。YouTube 海外マンガch / 原正人
https://www.youtube.com/channel/
UCRMSITalu1Vb3qD-ylbPmmA

  • 発刊状況は 2020 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「8 生活」カテゴリ