MENU
日出処の天子

日出処の天子 ひいづるところのてんし

著者
山岸 凉子
出版社
メディアファクトリー
発刊状況
完結

聖徳太子は超能力者だった?

信じるか信じないかあなた次第。あの時代へいざトリップ

推薦コメント

「すごいマンガ」には、嘘を本当だと思わせてしまう力がある。聖徳太子が超能力者であったという設定が絶対に嘘であるということを頭では理解しながらも、作品を読んでいると、ここに描かれていることこそが真実だったのではないかと思わせてしまうような魅力にあふれている作品だ。また、山岸涼子さんの作品の素晴らしさは、背景などの描き込み量が多いわけではないのに、なぜか、作品を読んでいる最中にその世界にトリップしたような気持ちになるところだ。読者は、その国のその時期の服装や建物を現実に目の前にあるものかのように思い描くことができる。聖徳太子のあの時代にトリップさせてくれる作品だ。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

日出処の天子 のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想をTwitterでお待ちしています。

#これも学習マンガだ

同じ「6 歴史」カテゴリ