MENU
放浪息子

放浪息子 ほうろうむすこ

小学生からOK

著者
志村 貴子
出版社
KADOKAWA
発刊状況
完結

性の多様性とグラデーション

女の子になりたい男の子と男の子になりたい女の子の成長物語

推薦コメント

女の子になりたい男の子と男の子になりたい女の子の2人を中心に家族や友人たちと過ごす日常が描かれる。自分は何者なのか?他の人とは違うのではないか?ということは性別のことだけでなく、思春期を迎える人の多くが悩むテーマではないだろうか。その悩みに寄り添いながら心と体の成長を見守る、作者のやわらかな視点が心地よい作品だ。セクシャルマイノリティの人たちの中にグラデーションがあるということや、「L」「G」「B」「T」と不可分なものがあるということも良く分かる作品。自分が何かのマイノリティだと感じる人やその家族にぜひ読んでもらいたい作品だ。

山内 康裕(一般社団法人マンガナイト/レインボーバード合同会社 代表)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

放浪息子 のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想をTwitterでお待ちしています。

#これも学習マンガだ

同じ「11 多様性」カテゴリ