MENU
リアル

© I.T.Planning,Inc.

リアル りある

小学生からOK

著者
井上 雄彦
発刊状況
未完

高度なスポーツ“車椅子バスケ”の魅力

障害と向き合い、勝利を目指す姿は何よりもカッコイイ

推薦コメント

40歳以下の日本人で、「スラムダンク」を知らない人はいないだろう。私の世代も、これによって学校に一大バスケブームが巻き起こった。その著者である井上雄彦さんが、今度は車椅子バスケの世界を描いた作品。車椅子?障害者?福祉のマンガ?そう思った人は、見事に固定概念を覆させられるだろう。バスケに車椅子という「メカ」ともう一つの「テクニック」を組み合わせた高度なスポーツだ。そのことを迫力満点の画力で感じさせてくれる。そして、何よりもかっこいい。スポーツで勝利を目指す姿。障害という現実に向き合おうとする姿。そして、その過程で葛藤し悩む姿は、障害だろうが何だろうが、人間なら誰もが共通して通る道なのではと感じさせられる。まさに、「リアル」の世界に引き込まれる。2020年には東京パラリンピックも開催され、車椅子バスケも競技の一つだ。障害者スポーツという新しい世界、もう一つの魅力的なスポーツを知る機会にもなる。その学びによって、世界がより深く、より豊かに見えてくるはずだ。

本山 勝寛( 作家 / 日本財団 子どもの貧困対策チーム チームリーダー)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

リアル のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想をTwitterでお待ちしています。

#これも学習マンガだ

同じ「10 スポーツ」カテゴリ