MENU
ツレがうつになりまして。

©細川貂々/幻冬舎文庫

ツレがうつになりまして。 つれがうつになりまして。

小学生からOK

著者
細川 貂々
出版社
幻冬舎
発刊状況
完結

ある日、大切な人が調子を崩したら?

「うつ」になったツレとわたしのゆるやかな記録

推薦コメント

うつをテーマにし、ベストセラーとなった初めての作品。ドラマ化、映画化もされ、社会的にも大きな反響があった。うつという重たいテーマを扱いながらも、ゆるいマンガのタッチと、夫婦のコミカルなやりとりがうまくマッチして、不謹慎な言い方をしてしまえば、楽しみながら読めてしまう。それでいて、うつ病の症状の特徴や対策についてのポイントもおさえられている。私自身は、この作品をうつマンガというだけでなく、夫婦愛を描いたマンガとして読めた。深刻な病気に立ち向かうのに、ゆるい夫婦漫才のようなやりとりで切り抜けていく様に、あたたかい愛を感じさせる。うつになったツレ自身による、挿入エッセイにも味わいがある。人間として大切なことを気づかせてくれる。

本山 勝寛( 作家 / 日本財団 子どもの貧困対策チーム チームリーダー)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「11 多様性」カテゴリ