MENU
ギャラリーフェイク

ギャラリーフェイク ぎゃらりーふぇいく

著者
細野 不二彦
出版社
小学館
発刊状況
完結

モナリザやフェルメールの真実とは

楽しみながら美術史や美術館をめぐる様々な状況を学べる

推薦コメント

1話あたりの情報量がものすごく多いことが、この作品の特筆すべき点だと思う。モナリザやフェルメールの絵画など有名なものから、そうでないものまで、歴史背景から適切な修復方法まで、さまざまな絵画の知識をこの作品を通して得ることができる。サスペンス仕立てのこの作品を夢中になって読み進めるうちに、仮に新書で読もうとしたら何冊も読まなければ学べない量の知識を身につけることができる。マンガで楽しみながら、美術史全体、さらには、美術館をめぐる様々な状況まで学べてしまうのがこの作品のすごいところだ。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

ギャラリーフェイク のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想をTwitterでお待ちしています。

#これも学習マンガだ

同じ「3 芸術」カテゴリ