MENU
イグアナの娘

© 萩尾望都 / 小学館文庫

イグアナの娘 いぐあなのむすめ

小学生からOK
著者
萩尾 望都
出版社
小学館
発刊状況
完結

家族関係に悩むすべての人へ

読み返すたびに見つめなおす、家族、そして自分自身のこと

推薦コメント

親なんて大嫌い! 妹(姉)ばっかり、お兄ちゃん〔弟〕ばっかりひいきされてる! そう思ったことはないだろうか? 親だって人間だから、そういうことだってたしかにある。でも、親がそうなったのには、何か秘密の理由があったのかもしれない。親自身にもわかっていなかったような秘密の理由。わずか50ページ程度のこの物語の中には、家族を、親を、自分自身を捉え直させるような不思議な力がある。今は「何となく面白い」だけかもしれない。でも、この物語は読み返すたびに、あなたに何かを「発見」させてくれる。さあ、鏡を見る準備はできていますか?

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

イグアナの娘 のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想をTwitterでお待ちしています。

#これも学習マンガだ

同じ「8 生活」カテゴリ