MENU
10スポーツ
GIANT KILLING

GIANT KILLING じゃいあんときりんぐ

小学生から OK

著者
ツジトモ(画)綱本 将也(原案)
出版社
講談社
発刊状況
未完
電子書籍化

もしもあなたが監督だったら?

監督やクラブチーム運営の視点から描かれるサッカーマンガ

推薦コメント

選手ではなく、監督の視点やクラブチームの運営の視点から描かれるサッカーマンガ。サッカーが好きな人は試合を見ながら「自分が監督だったら、どんな戦術をとるだろう?」と一度は妄想したことがあるのではないだろうか。その時のワクワク感をそのままに、戦術を極めて現実的に描いているところがこの作品の大きな魅力だ。まるで当事者のように「裏側」を知りながら試合を追いかけると、体験したことのないようなドキドキ感を得られるはずだ。また、チームづくりについて学べる作品でもある。選手同士の喧嘩のシーンや、ちょっとしたコミュニーションでのリアリティのある何気ないセリフが効いている。バラバラだった仲間同士が信頼を深めていく過程が丁寧に再現されているので、そこにも注目してみてほしい。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)

佐渡島 庸平
Youhei Sadoshima

株式会社コルク 代表取締役社長

2002 年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16 歳の教科書』などの編集を担当する。2012 年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テンプリズム』(曽田正人)、『インベスター Z』(三田紀房)、『ダムの日』(羽賀翔一)、小説作品では『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集に携わっている。
twitter @sadycork

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「10 スポーツ」カテゴリ