MENU
6歴史
黒博物館 ゴーストアンドレディ

黒博物館 ゴーストアンドレディ くろはくぶつかん ごーすとあんどれでぃ

著者
藤田 和日郎
出版社
講談社
発刊状況
完結
電子書籍化

人間の意志のドラマ

ナイチンゲールと彼女をとりまく個性豊かなゴーストたちの戦い

推薦コメント

ナイチンゲールの名は小学生でも知っている。看護師の存在の必要性を世に定着させるきっかけとなった偉人。しかし——現代の私たちには「戦場での看護の実態」は実感としてよく解らない。ましてや「ナイチンゲールの本当の苦難」は。「黒博物館シリーズ」(と言っても、まだ 2 作しかないが…)の第 2 作「ゴーストアンドレディ」は作者がこれまで築き上げてきた世界観と実力の集大成だと思う。ナイチンゲールと、彼女をとりまく個性豊かなゴーストたち同士の戦い。ファンタジーと現実の歴史を合体させて、それがかえってナイチンゲールの苦難の人生をリアルに伝えている。  戦地での看護の実態。改革を阻むのはどす黒い利権の渦。融通の利かない役所、政治家たちの怠慢 etc …「世界の偉人伝」で親しんでいたナイチンゲール像より、はるかに厳しく強いナイチンゲールに感動する。そして改めて尊敬する。ゴーストたちが戦うシーンは、小学生には刺激が強い部分もあるかも知れない。けれど現実の戦場ではもっと悲惨な殺しあいが行われているのだ。  ファンタジーの力を信じている作者だからこそ描けた「人間の意志のドラマ」だ。

里中 満智子(マンガ家 / マンガジャパン代表)

里中 満智子
Machiko Satonaka

マンガ家 / マンガジャパン代表

1948 年1 月 24日大阪生まれ。1964 年(高校 2 年生)に『ピアの肖像』で第 1 回講談社新人漫画賞受賞。代表作に『あした輝く』『アリエスの乙女たち』『海のオーロラ』 『あすなろ坂』『狩人の星座』『天上の虹』 など多数。2006 年に全作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞、2010 年文化庁長官表彰、2013 年度古事記出版大賞太安万侶賞(『マンガ古典文学 古事記』)、2014 年外務大臣表彰。公益社団法人日本漫画家協会常務理事 / 一般社団法人マンガジャパン代表 / NPO 法人 アジア MANGA サミット運営本部代表 / デジタルマンガ協会会長 / 大阪芸術大学キャラクター造形学科学科長など。

  • 発刊状況は 2015 年 8 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「6 歴史」カテゴリ