MENU
10スポーツ
柔道部物語

柔道部物語 じゅうどうぶものがたり

小学生から OK

著者
小林 まこと
出版社
講談社
発刊状況
完結
電子書籍化

“ブカツ”の思い出が蘇る

グダグダ感と一本気な青臭さ。高校柔道部の青春物語

推薦コメント

その名の通り、高校の柔道部が舞台の作品。部活動の空気がしっかり再現されている良作だ。部活動経験者なら「ああ、それわかる!」と共感するポイントが目白押し。「こんな先輩うちにもいるよな」と実在の先輩をキャラクターに当てはめて読んでも楽しいだろう。スポーツものにありがちな「かっこいい」ところだけでなく、先輩と後輩とのグダグダしたやりとりも描かれているところが魅力的。一方で、一本気に柔道に打ち込む姿や高校生ならではの青臭くも熱い想いも再現される。全体に漂う「笑い」の空気は絶妙な間の取り方によるものだろう。ストーリーには関係のない無駄な会話を切り捨てず、それでいてテンポ良く、笑いとして生かしているのがすごい。何度読んでも部活時代を思い出せて楽しめる、そんな空気を持った作品だ。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)

佐渡島 庸平
Youhei Sadoshima

株式会社コルク 代表取締役社長

2002 年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16 歳の教科書』などの編集を担当する。2012 年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テンプリズム』(曽田正人)、『インベスター Z』(三田紀房)、『ダムの日』(羽賀翔一)、小説作品では『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集に携わっている。
twitter @sadycork

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「10 スポーツ」カテゴリ