MENU
6歴史
新九郎、奔る!

©ゆうきまさみ/小学館

新九郎、奔る! しんくろうはしる

小学生から OK

著者
ゆうきまさみ
出版社
小学館
発刊状況
未完
電子書籍化

応仁の乱って何なんだ?

「北条早雲」を主人公に、室町時代の終わりと戦国時代の始まりをひもとく

推薦コメント

京都で「この前の戦争」といえば応仁の乱のこと――というのを聞いたことがあるかもしれない。その「応仁の乱」から始まるこの物語の主人公は、伊勢新九郎盛時。――誰それ? という人でも、北条早雲といえば、「あ、聞いたことがある!」。室町末期に頭角を現した、戦国大名のはしりとされる人物です。以前は一介の武士から戦国大名へ、と言われていたが、最近の研究で、生年や出自もこれまでの理解とは変わってきている。それを踏まえて描かれたのがこの『新九郎、奔る!』。細川勝元や山名宗然といった、これも「名前は聞いたことがあるけど誰だっけ?」がかかわる応仁の乱の詳細が、時折差し挟まれる「説明スクリーン」(笑)と共に「ほうほう、なるほど」と頭に入ってくる。マンガではあまり描かれることがない、室町時代の終わりと戦国時代の始まりをひもとく貴重な作品です。

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

藤本 由香里
Yukari Fujimoto

明治大学 国際日本学部教授

専門は「漫画文化論」「ジェンダーと表象」など。2007 年まで筑摩書房で編集者として働くかたわら、コミック・セクシュアリティなどを中心に評論活動を行う。2008 年より明治大学へ。講談社漫画賞・手塚治虫文化賞・メディア芸術祭マンガ部門等の選考委員を歴任。最近ではとくに、マンガの国際比較や海外市場調査などを行っている。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)、『快楽電流』(河出書房新社)『少女まんが魂』(白泉社)、『愛情評論』(文藝春秋)など。近著に『きわきわ』(亜紀書房)がある。

  • 発刊状況は 2020 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「6 歴史」カテゴリ