MENU
6歴史
天上の虹

天上の虹 てんじょうのにじ

著者
里中 満智子
出版社
講談社
発刊状況
完結

持統天皇に見る女性の生き方

万葉集が生まれた1300年前の空気を感じさせる歴史ロマン

推薦コメント

中大兄皇子(後の天智天皇)の娘として生まれ、父の同母弟である大海人皇子(後の天武天皇)に嫁いだ讃良(さらら)皇女、のちの第41代天皇・持統天皇を主人公とした物語。万葉集が執筆のきっかけというだけあって万葉集が生まれた1300年前の時代の空気を感じさせる歴史ロマン作だ。持統天皇は夫の即位後は皇后として夫を助け、夫の死後は自らが即位して大宝律令の制定や、日本書紀の編さんなどに関わるなど政治手腕を発揮。夫と父の確執など女性としての愛や苦悩とともに、日本の仕組みを作った時代のキーマンとしての顔も持つ。女性の生き方の一つの原型としても興味深く読める。

細田 尚子(株式会社MANTAN 「MANTANWEB」 編集長)

細田 尚子
Naoko Hosoda

株式会社MANTAN 「MANTANWEB」 編集長

1965 年生まれ、東京都出身。1988 年、法政大学社会学部卒。卒業論文のテーマは 「鳥獣戯画からぼのぼのまで~動物マンガの潮流と変遷」。2002 年、毎日新聞社デジタルメディア局に入社。2007 年、毎日新聞デジタル設立により、同社の社員となる。2012 年 11 月、ポップカルチャーの総合情報サイト「まんたんウェブ」編集長に就任。

  • 発刊状況は 2015 年 8 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

天上の虹 のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想を Twitter でお待ちしています。
#これも学習マンガだ

同じ「6 歴史」カテゴリ