MENU
2生命と世界
イムリ

イムリ いむり

著者
三宅 乱丈
出版社
KADOKAWA
発刊状況
未完

双子の兄弟と2つの文明

いったい世界はどうあるべきなのか。あなたならどう考える?

推薦コメント

この作品は、最初がすこしとっつきにくい。SFだからだ。でも、最初の設定さえ頭に入ってしまえば大丈夫。あとはもう、夢中で読んでいけるはずだ。主人公はまったく違う部族・違う環境で育てられた双子の兄弟。この世界では双子はつよい共鳴力を持つ。と同時に、この主人公の双子は、自然や社会に対する、文明の二つの態度を象徴する。一つは、「自然」も「人の心」も強い力で意識的に支配し、コントロールしようとする文明。もう一つは、「自然」には逆らわず、「自然」にも「人」にも寄り添って、相手が自分から力を貸してくれるのを待つ、という文明。いわば西洋文明と東洋文明の対立だ。物語はこれからクライマックス。いったい世界はどうあるべきなのか。スリリングな展開にどきどきしながら、文明の二つのあり方を考える基礎を、知らず知らずのうちに知るはずだ。

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

藤本 由香里
Yukari Fujimoto

明治大学 国際日本学部教授

専門は「漫画文化論」「ジェンダーと表象」など。2007 年まで筑摩書房で編集者として働くかたわら、コミック・セクシュアリティなどを中心に評論活動を行う。2008 年より明治大学へ。講談社漫画賞・手塚治虫文化賞・メディア芸術祭マンガ部門等の選考委員を歴任。最近ではとくに、マンガの国際比較や海外市場調査などを行っている。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)、『快楽電流』(河出書房新社)『少女まんが魂』(白泉社)、『愛情評論』(文藝春秋)など。近著に『きわきわ』(亜紀書房)がある。

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

イムリ のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想を Twitter でお待ちしています。
#これも学習マンガだ

同じ「2 生命と世界」カテゴリ