MENU
8生活
こどものおもちゃ

Ⓒ 小花美穂 / 集英社コミック文庫

こどものおもちゃ こどものおもちゃ

小学生から OK

著者
小花 美穂
出版社
集英社
発刊状況
完結
電子書籍化

大人になるってどういうこと?

小6で女優もこなす小学生が家庭やいじめの問題と向き合う

推薦コメント

掲載誌『りぼん』の読者の多くが憧れただろう「芸能人の女の子」が主人公の作品と聞くと「子どもっぽい」物語を想像する人もいるかもしれない。でも実際に読んでみると、少女だけでなく、大人でも男性でも共感ができる、懐が深く、深みのある作品だと分かる。少女たちを一瞬で魅了する物語でありながら、一方で、親子関係の問題、いじめの問題など思春期にぶつかるさまざまな問題を通じて、大人になっていくとはどういうことなのかを示してくれる。子どもだって、夢ばかりの世界に生きているわけじゃない。現実を知り、受け入れなければならない時が必ず来る。その現実を、子どもが知りたいと思う方法で描いているところが実に見事。作者が読者と真剣に向き合っていることが伝わってくる良作だ。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役社長)

佐渡島 庸平
Youhei Sadoshima

株式会社コルク 代表取締役社長

2002 年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16 歳の教科書』などの編集を担当する。2012 年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを設立。現在、漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『テンプリズム』(曽田正人)、『インベスター Z』(三田紀房)、『ダムの日』(羽賀翔一)、小説作品では『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集に携わっている。
twitter @sadycork

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「8 生活」カテゴリ