MENU
9科学・学習
AIの遺電子

Ⓒ山田胡瓜(秋田書店)2016

AIの遺電子 あいのいでんし

小学生から OK

著者
山田胡瓜
出版社
秋田書店
発刊状況
未完
電子書籍化

未来の情報を浴びる

人間、ヒューマノイド、ロボットが当たり前のように存在する近未来が舞台

推薦コメント

これまでも小松左京や手塚治虫の作品は、未来を想像することに一躍買ってきただろう。未来のAIやロボットがどうなっているのかなんて、実はみんななかなかイメージがわかないし、実際のところみんなが理解しているものではない。『AIの遺電子』では、人間、ヒューマノイド、ロボットが当たり前のように存在する近未来が舞台。ヒューマノイドを治療する人間の医者を主人公として、愛や友情をベースに描くオムニバスストーリーだ。いわゆる「お勉強」ではなく、物語を楽しんでいたら自然と未来の情報を「浴びる」ように楽しめる、未来を学べる作品だ。

佐渡島 庸平(株式会社コルク 代表取締役)

佐渡島 庸平
Youhei Sadoshima

株式会社コルク 代表取締役

講談社を経て、2012年クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。三田紀房、安野モヨコ、小山宙哉ら著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。 Twitter: @sadycork / Youtube【編集者 佐渡島チャンネル】 : https://bit.ly/3fopD9P

  • 発刊状況は 2020 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「9 科学・学習」カテゴリ