MENU
はたらく細胞

はたらく細胞 はたらくさいぼう

小学生からOK

著者
清水 茜
出版社
講談社
発刊状況
完結

愛おしき細胞たち

赤血球は可愛らしくてドジな女の子?体内の細胞やウィルスを擬人化

推薦コメント

体内の細胞やウィルスを擬人化した、これまでになかった斬新で意欲的なマンガ。可愛らしいドジな赤血球の女の子が、体内で道に迷いながら栄養を運ぶ。クールで不器用な白血球の男が、外敵である細菌やウィルスと闘い、そんな赤血球を助ける。見た目は完全にエンタメマンガ。でも、中身は体内ではたらく細胞たちの機能や役割を、うまく教えてくれる楽しい参考書のよう。「学校の理科の授業がこんなに面白かったらよいのに!」と、思わずうなってしまう。この作品を読むと、風邪を引いたり、予防接種をしたり、普段の生活のなかでも、自分の体内で働いている細胞たちが想像されて、愛おしくなってしまうから不思議だ。

本山 勝寛( 作家 / 日本財団 子どもの貧困対策チーム チームリーダー)

  • 発刊状況は2020年10月1日時点のものとなります。
  • 小学生からOKはあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「9 科学・学習」カテゴリ