MENU
1文学
黄色い本 ジャック・チボーという名の友人

黄色い本 ジャック・チボーという名の友人 きいろいほん じゃっく・ちぼーというなのゆうじん

小学生から OK

著者
高野 文子
出版社
講談社
発刊状況
完結
電子書籍化

本を読むことのふしぎ

主人公と一緒に小説「チボー家の人々」を読む体験を楽しむ

推薦コメント

「読書体験」を体験することができる作品です。主人公は地方の高校の3年生、実地子(みちこ)。本好きで今は「チボー家の人々」という世界名作小説に取り組んでいます。学校の図書館で借りた黄色い表紙の本が全5巻。厚くて重くて長い本ですが、がんばって毎日少しずつ読んでいます。小説の主人公はジャックという遠い昔のフランスに生きた少年。実地子はだんだん小説の世界に入って行って、空想の中でジャックと友達になり、青春の悩みや、革命への憧れを共有していきます。でも、いつまでも空想の世界にいることはできません。卒業が近づき、就職という現実が待っています。そろそろジャックにお別れを言わなければなりません。あと何ページかで読み終わるという時に、実地子にお父さんが話しかけます。「その本買うか?」「いいよう、もう読み終わるもん」。お父さんは言います。「好きな本を一生持っているのもいいもんだと、俺は思うがな」。遠い時代の遥かな国に出かけたり、生涯出会うはずのない人に出会ったり、本を読むことのふしぎを語ってくれるマンガです。

由利 耕一(元マンガ編集者)

由利 耕一
Koichi Yuri

元マンガ編集者

1947 年、函館市生まれ。1972 年、講談社入社。週刊少年マガジンで『変身忍者嵐』『釣りキチ三平』『愛と誠』『三つ目がとおる』、ヤングマガジンで『AKIRA』『攻殻機動隊』などを担当。ミスターマガジン、月刊アフタヌーンで編集長を務める。現在、大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授。

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「1 文学」カテゴリ