MENU
3芸術
月影ベイベ 

月影ベイベ  つきかげべいべ

小学生から OK

著者
小玉ユキ
出版社
小学館
発刊状況
完結
電子書籍化

伝統の踊りが運ぶ、人の思い

「おわら風の盆」を受け継ぐ若者たちの、静かで熱い心のドラマ

推薦コメント

越中富山の八尾地区で毎年9月初めに行われる「おわら風の盆」。もの悲しい胡弓の調べと三味線、笠で顔を隠して踊られる男踊り・女踊り……。ロマンチックなイメージで知られる、おそらく日本で一番有名な祭りの一つである。主人公は東京から八尾に転校してきた蛍子。亡くなった母はこの町の出身でおわらの名手だった。亡き母から踊りを受け継ぎ、母のかつての恋人だった男性に特別な思いを抱く蛍子。その男性の甥で同級生の光。複雑な若い二人の関係を織り交ぜながら、やがて町は、おわらの稽古一色に染まっていく。古くからの文化が息づく地方都市を舞台に描かれるのは、伝統や思いは、引き継がれるとともに新しい世代の中でまた変わっていくということ。最後の「おわら風の盆」のシーンは圧巻。この作品をきっかけに、自分の住む地域と文化を見直してみてほしい。

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

藤本 由香里
Yukari Fujimoto

明治大学 国際日本学部教授

専門は「漫画文化論」「ジェンダーと表象」など。2007 年まで筑摩書房で編集者として働くかたわら、コミック・セクシュアリティなどを中心に評論活動を行う。2008 年より明治大学へ。講談社漫画賞・手塚治虫文化賞・メディア芸術祭マンガ部門等の選考委員を歴任。最近ではとくに、マンガの国際比較や海外市場調査などを行っている。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)、『快楽電流』(河出書房新社)『少女まんが魂』(白泉社)、『愛情評論』(文藝春秋)など。近著に『きわきわ』(亜紀書房)がある。

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「3 芸術」カテゴリ