MENU
8生活
はみだしっ子

はみだしっ子 はみだしっこ

著者
三原 順
出版社
白泉社
発刊状況
完結

多くの読者を救った「魂の書」

「かわいそう」な自分と決別し、現実と対峙する強さを学ぶ

推薦コメント

誰だって「家を出たい!」と思ったことがあるだろう。一度もない? ならあなたは幸せな人だ。この物語は、いまでいう「児童虐待」にあって家を出て、まだ幼い4人で放浪する子供たちの話だ。「ボク達がほしいのは、親という名をもった人間じゃなく…ホントに愛してくれる人」という言葉に共感する人も多いだろう。だがこの作品には「かわいそうな僕たち」というような傷のなめあい的な要素はみじんもない。現実は厳しい。その厳しい現実と対峙して、子供でも「自分の人生に責任を持つ」。この作品によって救われ、この作品を「魂の書」とする人も多いに違いない。

藤本 由香里(明治大学 国際日本学部教授)

藤本 由香里
Yukari Fujimoto

明治大学 国際日本学部教授

専門は「漫画文化論」「ジェンダーと表象」など。2007 年まで筑摩書房で編集者として働くかたわら、コミック・セクシュアリティなどを中心に評論活動を行う。2008 年より明治大学へ。講談社漫画賞・手塚治虫文化賞・メディア芸術祭マンガ部門等の選考委員を歴任。最近ではとくに、マンガの国際比較や海外市場調査などを行っている。著書に『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫)、『快楽電流』(河出書房新社)『少女まんが魂』(白泉社)、『愛情評論』(文藝春秋)など。近著に『きわきわ』(亜紀書房)がある。

  • 発刊状況は 2015 年 8 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

はみだしっ子 のみんなのツイート

みなさんのご意見、ご感想を Twitter でお待ちしています。
#これも学習マンガだ

同じ「8 生活」カテゴリ