MENU
3芸術
かくかくしかじか

かくかくしかじか かくかくしかじか

小学生から OK

著者
東村 アキコ
出版社
集英社
発刊状況
完結
電子書籍化

「先生、ありがとう。」

「描くこと」の師との楽しくて狂おしい心の交流を描く自叙伝

推薦コメント

先生との交わりを通じた女性マンガ家の自叙伝。竹刀をふるう絵画教室の熱血教師に、絵の天才という自信を叩き壊され、「描く」ことを徹底して繰り返させられる。受験、大学生活、都会生活、仕事、どの場面でも、陰に陽に先生の姿がある。反発し、逃げ、挫折し、また教えられ、後悔し、いつしか深く感謝する。自分は自堕落で、ダメなところだらけだ。その幼さは、若いころにはわからない。ドロドロの下積みのさなかに、未来は見えない。単純に体に染み込ませることだけが頼りになることもある。大人になり、親になってわかることもある。深い愛情に気づくこともある。「描け」、「大丈夫」、そんな言葉の繰り返しが、自分の血肉になっていたことを知る。が、そのときには手遅れになっている。先生、ありがとう。成功物語と裏表をなす失敗物語。楽しくて、狂おしい。2015 年、マンガ大賞及び文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞。

中村 伊知哉(慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授)

中村 伊知哉
Ichiya Nakamura

慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授

1961 年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得(政策・メディア)。 1984 年、ロックバンド「少年ナイフ」のディレクターを経て郵政省入省。通信・放送融合政策、インターネット政策を政府で最初に担当するが、橋本行革で省庁再編に携わったのを最後に退官し渡米。 1998年 MIT メディアラボ客員教授。2002年 スタンフォード日本センター研究所長。2006 年より慶應義塾大学教授。 内閣府知的財産戦略本部委員会座長、内閣府クールジャパン戦略会議、文化審議会著作権分科会小委などの委員を務める。 CiP 協議会理事長、デジタルサイネージコンソーシアム理事長、映像配信高度化機構理事長、超人スポーツ協会共同代表、デジタル教科書教材協議会専務理事、吉本興業社外取締役、理化学研究所 AIP センターコーディネーター(非常勤)、東京大学客員研究員などを兼務。 著書に『コンテンツと国家戦略』(角川 EPUB 選書)、『中村伊知哉の新世紀ITビジネス進化論』(ディスカバリートゥエンティワン)など多数。

  • 発刊状況は 2017 年 10 月 1 日時点のものとなります。
  • 小学生から OK はあくまで委員会の判断による目安となります。

同じ「3 芸術」カテゴリ